お腹が張る時はなにか原因があります

重苦しい感じでパンパン

お腹が張る時はなにか原因があります

誰でも、お腹の張りで不調を訴えることは多いものです。

 

それにはいろいろな原因が考えられるわけであって、食べ物にあたったとか精神的なことでそのような状態になったりすることもあります、
またお腹にガスがたまって、おならがでない時などもやはりお腹は張るのです。

 

食べ物にあたるということは賞味期限が過ぎていたり、調理の際によく火がとおっていなかったりするとお腹をこわすことになりお腹が張るわけです。

 

また食物繊維が多い食べ物(芋や豆)を食べるとガスが溜まって張る場合もありますね。

 

本来なら食物繊維は腸内環境を整える作用をするのですが、便秘などにより腸が詰まっている場合はガスが溜まってしまいます。

 

お腹が張る状態というのは、重苦しい感じでパンパンになったようなことを言います。

 

一番の原因のガスがたまっていることで、そのようなことになるわけでありますのでたまっているガスを出すことが先決であります。

 

たまっているガスが出ると、だいぶお腹の張りもなくなり楽になるものです。

 

それでも張りが治らない時には、市販のお薬に頼るという方法もありますが苦しい場合には内科を受診した方が早いです。

 

内科へ行けば問診が問われ、腹部エコーの超音波検査を行うこともあります。

 

その時に行う超音波検査で、原因のほとんどがわかります。

 

お腹の状態をみるときに、よく行われる検査法であります。

 

エコー検査でなにも異常がみられなければ、なにか他のことで調子を悪くしたということになります。