お腹にガスがたまる原因と解消法

お腹にたまったガスを解消するには

お腹にガスがたまる原因と解消法

お腹にガスがたまる原因は、生活習慣的な要因や身体的な要因、ストレスなどの心理的要因など多岐にわたります。

 

生活習慣的な要因として早食いや暴飲暴食、ガスを発生しやすい食品の摂取が挙げられます。

 

早食いをすると食事と共に飲み込む空気の量が多くなり、お腹にたまるガスの量が多くなります。

 

暴飲暴食は腸内の異常発酵を引き起こしやすく、ガスがたまる原因につながります。

 

また、肉や豆類などタンパク質が豊富な食品は腐敗ガスの元となりやすいので、取りすぎにはに注意が必要です。

 

身体的な要因としては、冷え性や便秘・下痢などが挙げられます。

 

体が冷えることにより腸の動きが低下し、ガスがたまりやすい状態が引き起こされます。

 

まれに、体質に合っていない下剤の服用でガスが異常に発生することもあります。

 

ストレスによっても腸の動きが低下し、便秘などを引き起したりします。

 

また、ストレスによって空気を飲み込む癖がついてしまう人もいるとされています。

 

お腹にたまったガスを解消するには、暴飲暴食や早食いを改め、ウォーキングやヨガなどの適度な運動を行い、腸の働きを良くすることが大切です。

 

また、リラックスした状態で深呼吸を行うなど、ストレスをこまめに解消するよう心がけましょう。

 

食生活で気を付けるべきことは乳酸菌を含む食物を積極的に摂取しましょう。

 

食物繊維も腸の活動を活発にしますが、大量に食べると大腸で発酵してガスを発生するので、適度な摂取を心がけましょう。