過敏性腸症候群の原因は?

過敏性腸症候群は、一般人の約15%に見られる頻度の高い疾患です

過敏性腸症候群の原因は?

消化器症状がありながら、その症状を説明できる器質的な病変を特定することができないことがあり、これらを機能性消化管障害と呼んでいます。

 

このうち、大腸・小腸由来の下痢や便秘や腹痛などの消化器症状を呈するものを、過敏性腸症候群(IBS)と言います。

 

過敏性腸症候群は、一般人の約15%に見られる頻度の高い疾患です。

 

ストレスの関与が考えられていますが、その明確な原因は今のところ、不明と言わざるをえません。

 

過敏性腸症候群の症状は、消化管運動異常(下痢、便秘)や知覚過敏(腹痛)によっておこります。

 

そして、ストレスや社会環境などの心理的要因が憎悪因子となっていると考えられています。

 

それは、中枢神経系と腸管神経系は自律神経を介して密接に繋がっていて、心理的要因が腸管に影響を与えるからです。

 

これを「脳腸相関」と呼んでいます。

 

即ち、腸は心の状態を写す鏡だと言うことです。

 

過敏性腸症候群では、発熱や粘液便、粘血便、血便、体重減少などの重篤な病気であるサイン(警告症状)を認めない、という特徴や排便すれば症状が治まるという特徴があります。

 

そしてこれらの症状が数ヶ月以上続いて改善が見られないことも特徴です。

 

過敏性腸症候群と診断が確定したら、まずはガンや潰瘍等の重大な病気ではないことを説明し、不安を取り除くことが大切です。

 

精神的な問題もあるのでそれだけで、症状が改善する患者さんも少なくありません。

 

また、便検査や胃のバリウム検査、胃カメラなどの検査には異常がないため、診断が確定するまでに時間がかかる患者さんも少なくありません。

 

つらい症状があるのに、「異常ありません」と言われ続けると、最初のうちは「気のせいかなあ」と思っていても次第に「じゃあ、いったいこの症状はどういうことなんだよ」と、イライラしたり怒りを覚えたりして、それがますますストレスの原因となり症状を悪化させて、症状の悪化がまたストレスの原因となる、という負の連鎖に陥ります。

 

診断が確定した途端にホッとして、症状が改善する患者さんも多々おられます。

 

過敏性腸症候群の根本的な原因は、今のところまだはっきりと解明していませんが、ストレスが関与していることは間違いないでしょう。

 


過敏性腸症候群(IBS)って何ですか?

 


過敏性腸症候群(IBS:irritable bowel syndrome)とは、大腸・小腸に器質的な病変が見られないのに、お腹を中心としたさまざまな症状が現れる「症候群」です。症状は、腹痛、胸部膨満感(ガスなどがたまってお腹が張る感じ)、便通異常(下痢・便秘)、嘔気などがその代表格ですが、ときには頭痛、めまいといった消化器系以外の症状が出てくる場合もあります。
症状の傾向はおおまかに分けて、腹部の痛みや張りを伴う便秘が特徴の「便秘型」、腹痛を伴う下痢が特徴の「下痢型」、そして便秘と下痢の症状を併せもつ「混合型」、これらのいずれともいえない「分類不能型」の4つがあり、症状は排便によって軽快することがほとんどです。

 

●原因は何ですか?
IBSの原因ははっきりとは解明されていませんが、現在のところ「何らかの誘因」が引き金となって中枢・末梢神経系や消化管ホルモンなどの調節がうまくいかなくなり、小腸・大腸の運動がスムーズに行われなくなったり、消化管が知覚過敏の状態になったりすると考えられています。
この「何らかの要因」は不規則な生活や暴飲暴食なども挙げられますが、多くの場合、不安・緊張などのストレスだとされます。IBSの症状は、例えば月曜日の朝や、外出前に強くなる傾向がある一方、睡眠時や休日前にはあまり症状は見られません。もともと胃腸はストレスをはじめとする精神的な刺激に敏感な臓器であり、ストレスが強ければ強いだけ、消化管にも影響が出やすくなるというわけです。
その意味で、IBSが家庭や職場・学校などの人間関係や、環境の変化などさまざまなストレスにさらされている、現代人ならではの病気なのかもしれません。

 

●どうして私だけがこんな症状になるのですか?
IBSは特殊な病気ではありません。それどころか日本人の場合、全人口の10〜20%程度にIBSがみられるとも言われるくらい「よくある病気」です。しかし、患者さんにとってIBSの症状は非常につらいものです。いつ便意が切迫してくるかが気になり、例えば仕事中や授業中も不安感が消えませんし、外出時も長時間降りられない急行ではなく、各駅停車しか乗ることができなかったりします。さらには腸内にたまったガスが漏れ、「自分は周囲の人に嫌われているのでは・・・」と自己嫌悪に陥る人もおられます。IBSの患者さんであること自体がストレスとなって、症状の悪循環が生まれてくるのです。
IBSは都市生活者、頭脳的労働者に多い傾向があり、特に神経は細やかでデリケートな性格の人に発症しやすいようです。また、年齢的には20〜30歳代の若い世代に比較的多くみられますが、最近では思春期や学童期の小児にも増加し、登校拒否の原因のひとつとして注目されています。

 

●どんな検査をするのですか?
便の検査、血液検査、X線検査、内視鏡検査などが行われます。これらの検査は、腸に器質的な疾患がないかどうかを調べるためのものです。もし検査で異常があれば、その症状はIBSではなく、腸炎や潰瘍、あるいは腫瘍といった別の疾患が原因の可能性が高くなります。しかし、検査で特に問題となる疾患が見当たらないのに、お医者さんにかかられる6ヶ月以上前からくり返す腹痛やお腹の不快感などの症状があり、最近の3ヶ月では月に3日以上の割合で、1.排便によって軽快する、2.排便回数の変化で始まる、3.便性状の変化で始まる、という3つの症状のうち2つ以上があてはまる場合にIBSと診断されます。
また、ストレスとの関係から、IBSには心身症としての側面もあり、診断のために心理検査などが行われることもあります。

 

●IBSはどうやって治すのですか?
IBSは症状が比較的長期にわたって続く病気です。しかし、器質的な疾患ではありませんので、ますは症状に大きく影響を与えているストレスを解決したり発散したりすることと、食生活を含めた生活習慣の改善など、リラックスした毎日を送ることができるよう努めることが大切です。
とは言え、ストレスを解決するのは、現実問題として簡単なものではありません。そこで、薬剤を用いて「消化器の症状を抑えたり、ストレスや不安をとりのぞく」治療が行われています。

 

●IBSの治療にはどんな薬が使われるのですか?
下痢や便秘に対して効果がある薬剤としてまず挙げられるのは「消化管運動機能改善薬」です。この薬剤は、スムーズに行われなくなった胃腸の動きを正常に近づけていく働きを持った薬で、胃腸の運動を活発にさせて排便を促すタイプや、逆に運動を抑えて下痢を止めるタイプなど、症状への作用のしかたによっていくつかの種類があります。
腹痛に対しては、「鎮痙薬」が使われます。IBSによる急な腹痛は大変辛いものですが、この薬剤は比較的すみやかに腹痛を和らげます。
また、IBSの症状にストレスが大きく関係している場合は、「抗不安薬」が有効です。その他、便の性状を改善する「繊維製剤」、下痢・便秘を改善させる「乳酸菌製剤」、「下剤」もあります。
IBSの症状はさまざまですが、症状に合わせて色々な薬剤がありますので、医師と充分に相談しましょう。IBSの治療には患者さんと医師との信頼関係がきわめて重要であるといわれています。

 

出典:過敏性腸症候群(IBS)