ストレスが原因でお腹がゆるくなる

ストレスは胃腸にきます。

ストレスが原因でお腹がゆるくなる

不安や悩みといったストレスによって胃がキリキリしたり、腹部に鈍い痛みを感じたりと、体調に異変を感じる日本人は多いように思います。

 

そういう国民性といえばそうなのかもしれませんが、こうした症状は重要な行事やイベントがあるときに限って発症することもしばしばですから、なんとか対処する方法はないかと考えてしまいます。

 

ストレスの影響を受けやすい腹部は、たびたびトイレが近くなることもよくあります。
ストレスと過敏性腸症候群

 

また、ストレスが溜まると決まって、お腹ゆるい症状が出てしまう人もいて、日常生活に支障を与えてしまいがちです。

 

こうした腹部の痛みやお腹ゆるい症状を少しでも緩和していく方法としては、食事を少しだけ意識してみることで改善することがあります。

 

たとえば、乳酸食品を食べるようにしてお腹の調子を整えたり、なるべく偏食は避けてバランスのよい食生活を心がけるようにするなどしていくことが大切です。

 

また、普段の生活において、気分転換にとコーヒーを仕事の合間や休憩時間などに飲む方がいますが、お腹ゆるい症状が出やすいのであれば、コーヒーはあまりおすすめしません。

 

同様に、アルコールの摂取も適度にしていくことが大切です。

 

ストレスは急に襲いかかってくることもあり、なかなか対処できないこともありますが、日ごろから食事や生活習慣に気をつけておくことがポイントになってきます。

 

また、腹部の痛みが長引くようであれば、市販の薬を服用し、場合によっては病院で診てもらうことも必要です。

 

ストレスを溜めないことが一番とはいっても、なかなかできないですので、まずは簡単にできる食事管理から試してみてはいかがでしょうか。

 

ただし食事制限がストレスになっら元も子もないので、適度に少しづつ始めてください。

 

あまり自分を追い込まないようにするようにしてみてください。