妊娠初期にお腹がゆるくなるのは何故?

妊娠初期の下痢には様々な原因があります。

妊娠初期にはホルモンバランスが変わるため、体温の変化やお腹がゆるくなったり色々と症状が現れます。

 

特にお腹がゆるくなる女性が多いです。

 

妊娠初期にお腹がゆるくなる原因には以下が考えられます。

 

・女性ホルモンが大量に分泌される為に発生する自立神経の乱れ

 

・子宮が母体から水分や血液を吸収するので腸の動きが鈍くなる

 

・つわりの時に食べやすい冷たい物ばかり食べてしまう。

 

特に女性ホルモンの影響が大きく、妊娠するとヒト絨毛性ゴナドトロピンが分泌され、またエストロゲンやプロゲステロンの分泌内容も大きく変化するのでホルモンバランスが変わってきます。
その為、自律神経が乱れます。
自律神経が乱れると、胃腸が影響を受けて活動が乱れお腹がゆるくなるのです。

 

また妊娠に関係なくストレスや食生活の乱れ、貧血の薬の常用で下痢が発生するので、そちらの関係も改善する必要があります。

 

対策としては妊娠している可能性があるので下痢止めなどの薬の使用は控えましょう。

 

お腹を冷やさないように下着を増やし、食生活を改善するところから始めましょう。

 

乳酸菌や食物繊維を積極的に摂取すると、お腹の調子が良くなりますので試して見てください。