お腹ゆるい方の原因と対策を丁寧に解説します。

お腹ゆるくならないようにしよう。

突然お腹がゆるくなって、
大変な思いをしたことありませんか?

 

腸内環境が乱れてますよ。
改善して急なトラブルを未然に防ぎましょう。

 

 

下痢防止サプリの決定版

 

黒梅日和

 

 

満員電車などのトイレがない場所。
トイレがあっても埋まっている。

 

辛いですよね。

 

お腹がゆるくなるなった時は、

 

腸内フローラのバランスが崩れています。

 

腸内は善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在しています。

 

そのバランスが崩れると、お腹がゆるくなりがちです。

 

 

根本から改善する為にはサプリメントを活用しましょう。

 

黒梅エキスや乳酸菌、食物繊維と言った腸内環境を整えるサプリメントをランキングにしました。

 

参考にして頂けましたら幸いです。

 

下痢改善サプリ ランキング
腸内フローラ

 

お腹がゆるくなる食べ物、治す食べ物

 

お腹がゆるくなる原因
過敏性腸症候群による軟便は腸の異常や精神面へのストレスからも発生しますが、食事の乱れも大きな影響を与えます。

 

特に乳酸菌や食物繊維の不足、アルコールの過剰摂取、暴飲暴食で腸に過大な負荷がかかり、お腹がゆるくなる事が多いです。

 

まずは食事の見直しから初めて、腸内環境の改善を図りましょう。

 

腸内環境の改善を図るためには、

 

・乳酸菌
・オリゴ糖
食物繊維

 

この三つが必須となります。

 

善玉菌は乳酸を生成して腸内環境を酸性にして、アルカリ性を好む悪玉菌を駆逐します。
大腸内の水分吸収率を活発になり、お腹がゆるくなる事を防止するのです。

 

オリゴ糖は善玉菌の餌となって活動をサポートします。

 

食物繊維もオリゴ糖と同じく善玉菌の餌になります。
オリゴ糖はビフィズス菌にしか効果がありませんが、食物繊維は乳酸菌全般に効果をもたらします。
また、余分な水分を吸収することにより、便を形成する為にも必要ですので、お腹がゆるい方は食物繊維が不足している可能性もありますね。

 

お腹ゆるいと言う悩みを持つ人は多いと言われていますが、お腹がゆるくなる原因は人それぞれです。

 

しかし、多くは暴飲暴食が原因とされており、風邪などで熱が出て下痢になる以外は、食生活の乱れや不規則な生活がお腹をゆるくすると言われています。

 

お腹がゆるくなる食べ物と聞いて頭に浮かぶのは、アイスクリームなどの冷たい食べ物が多いですが、もちろんこれも原因にはなりますが、冷たい食べ物以外にもカフェインを含んだ飲み物や、香辛料が使用されている食べ物もお腹をゆるくすることが多いと言われています。

 

さらに、刺激物だけでなく体に良いと考えられている食べ物がお腹をゆるくする原因になることもあります。

 

特に牛乳は体に良いとされていますが、牛乳を飲むとお腹がゆるくなるという人は多いと言われています。

 


お腹がゆるくなる食べ物
避けた方がいいのは、肉類や揚げ物など脂肪を多く含んでいるもの、ケーキやお菓子など糖分を多く含んでいるもの、繊維質が多い貝類や根菜、生野菜などは胃腸への負担になるため控えましょう。
ちなみに、個人差はありますが牛乳などの乳製品は体質によってお腹がゆるくなりやすかったり、アレルギーによって腸の状態を悪化させる特定の食材も存在します。ご自分の腸と相性が悪いものはできるだけ摂取を避けるように心がけてください。

 

お腹がゆるい時の食べ物
お腹がゆるくなった場合は場合は、半日から1日絶食し、胃腸に負担をかけないようにしましょう。症状が緩和されてきたら、おかゆや煮込みうどん、野菜スープなど消化の良い食べ物で少しずつ様子をみながら慣らしていきます。急性下痢はだいたい2〜3日で回復することが多いのですが、いつまでも症状が変わらない場合は医療機関を受診しましょう。
また急性下痢の場合は、激しい症状が多いものです。そんなときは脱水症状に気を付けてください。水分を摂るときも胃腸への負担を考え、ぬるめの白湯や麦茶、ほうじ茶、常温のスポーツドリンクなどを少量ずつ取りましょう。冷たいものや炭酸飲料、カフェイン入りの飲料、アルコールなど刺激が強い飲み物は厳禁です。
慢性下痢の場合は、腸への刺激が少なく、消化に良い栄養価の高い食べ物で身体の抵抗力を上げていく食事を心がけましょう。やわらかいご飯やうどん、じゃがいもや里芋などの煮物、バナナ、リンゴ、ヨーグルト、白身魚、豆腐などは栄養があって、胃腸への負担が少ないと言われている食品です。

 

出典:下痢・軟便時に適した食事・食べ物と食べてはいけないもの

 

 

腸の動きが鈍くなると摂取した水分を上手く吸収できず、その水分と便が同時に排泄されることになるので、結果として下痢になるわけです。

 

また腸内環境を整える為に乳酸菌を含んだ食べ物を定期的に摂取することをおすすめします。

 

規則正しい食生活と睡眠が欠かせないということですね。

育菌してお腹の対策をしよう

 

育菌
腸内細菌は大事です。

 

人の話では無いですが、牛は草ばかり食べているのにあの立派な体が出来るのはなぜでしょう。

 

それは腸内細菌が食物繊維をアミノ酸に分解して吸収するするからです。

 

人の場合、草を食べてアミノ酸に分解する菌は保有していませんが、それ以外の菌は多数しています。

 

腸内細菌は腸壁に住み着いていて花畑のようになっているので、腸内フローラと呼ばれています。

 

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に大きく分けられています。

 

善玉菌には、乳酸菌やビフィズス菌が有名で、悪玉菌はウェルシュ菌と黄色ブドウ菌が有名です。

 

悪玉菌は大腸に流れてきた消化後の食べかすを腐敗させたりして有害物質やアンモニアを発生させます。

 

日和見菌はまだまだ研究不足ですが、優位になった菌に加勢する性質のようです。

 

育菌して、とにかく善玉菌の比率を上げることが大事です。

 

納豆、ヨーグルト、キムチを始め味噌も乳酸菌の宝庫です。

 

特にお腹ゆるい時は腸内環境のバランスが崩れている事が多いですので、積極的に善玉菌を摂取しましょう。

 

ただし最近の研究では人それぞれマッチする菌が違うようです。

 

自分にあう(在住菌にあう)菌を摂取する必要があります。

 

これは、色々と試して見るしか方法はないですね。

 

同じヨーグルトでも菌の種類は違いますので、一週間位のサイクルで食べ比べてみて、お腹の調子を確認してください。

 

 

下痢にならない身体へ導くサプリ

 

お腹がゆるい原因により対策が変わります。

 

お腹がゆるい時の対処法

 

食中毒やノロウイルスの可能性がある場合は病院で診察を受けましょう。

 

食生活の乱れが原因の場合は腸内環境を整える事が有効です。

 

薬に頼り過ぎも良くないですよ。

 

お腹がゆるい状態は一般的に下痢といわれ、腸の蠕動運動が活発になりすぎることで、腸内の水分が十分に吸収されず、水分を多く含んだまま便が排出されてしまう症状です。

 

体力を消耗したり脱水症状を起こすなどの病気や、快適な生活がままならなくなることから、早めに対処したいものです。

 

一番簡単な対処として、市販の下痢止めを用いる方法があります。

 

外出先で急にお腹がゆるい状態に見舞われないためにも、薬を常備しておくとよいでしょう。

 

しかし、下痢止めだけの対処に頼るのも危険です。

 

下痢の原因が食あたりや、食中毒を起こしている可能性があるからです。

 

古い食品を食べたり、梅雨や夏場に常温で放置した食品を口にした場合、悪い菌が体内に侵入することで、しばらく下痢の症状が止まらなくなることがあります。

 

薬を使って対処しても何日も下痢が止まらない状態は危険ですので、速やかに病院へ向かってください。

 

乳酸菌で腸内環境を整えましょう

 

お腹のゆるい状態が軽度であれば、食生活の見直しが効果的な対処法となります。

 

激辛料理など刺激の強い食品を大量に食べると腸が過敏になり、下痢を起こすことがあります。

 

アルコールコーヒー炭酸飲料も腸を刺激しやすい飲み物ですので、ほどほどにしましょう。

 

牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロした状態になる人がいます。

 

牛乳に含まれる乳糖に耐性がないのが原因ですので、このような体質の人は牛乳を避けるようにしたいものです。

 

冷えも下痢を誘発する可能性があります。

 

冷たい料理や飲み物を控え、お腹を温める食品をとるようにしてください。

 

 

ストレスもお腹がゆるくなる原因ですよ?

 

ストレス
ストレスや疲労が原因の場合もあります。

 

休息をとる、ストレスを発散させるなどの対処が重要になります。

 

お腹は精神面の影響も受けることが多いです。

 

胃や腸などの内蔵は自律神経と深くつながっています。

 

ストレスを感じて自律神経が乱れると、腸の活動も乱れる事がよくあります。

 

学校に行くと嫌いな生徒がいる、今日会社の会議で資料の発表がある等の緊張や不安でストレスを受けると下痢になる人がいます。

 

自律神経の乱れが腸に伝わり、水分の吸収が上手く行われず下痢の症状が発生するのです。

 

この状態が長く続くことを過敏性腸症候群の可能性があります。

 

現代社会ではこの過敏性腸症候群の方が多数いて、病院で診断を受けても問題はないのですが下痢が治らない人は可能性が高いですよ。

 

根本原因は腸ではなく、ストレスから来る精神面の乱れですので、改善するためには運動や趣味でストレスを発散するなどの行動が必要です。

まとめ

 

病気
暴飲暴食
ストレス

 

複数の原因があります。

 

様々な要因で善玉菌が減少します。

 

原因に合わせて対処方法も変わりますので、まずは原因を突き止める事から始めましょう。

 

自然な状態で腸内環境を改善できれば良いのですが、現代社会では難しい物があります。

 

そこで必要なのは良質な乳酸菌を定期的に摂取することで、お腹がゆるくならないようにします。

 

乳酸菌は、ヨーグルトやキムチ等から摂取することが出来ますが、定期的に食べる事ができない場合もあります。

 

まずはお手軽なサプリから始めましょう。

 

 

下痢防止サプリの決定版

 

 

 

 

急な下痢に対処したい時は。

【第2類医薬品】ストッパ下痢止めEX 12錠

 

 

 

 

※お腹ゆるい等の症状は食中毒の可能性もあります。
症状が厳しい時は直ぐに医師の診断を仰ぎましょう。
参考:食中毒を予防する